人道
人生風呂具~memo帳代りに使ってますね  株,××,欲しい物についてとか
ぷろフィ~る

だだすけ

Author:だだすけ
たぶん19歳
身長→170cm弱
体重→64kg前後
趣味
 ・スポーツ(ハンドボール、野球など球技全般)
 ・スポーツ観戦(TV,PC)
 ・読書
 ・音楽鑑賞
 ・ブログ




カテごり~



さいきんの記事



さいきんのコメント



最近のトラバ



つきべつア~カイぶ



俺のかこ



free すぺ~す



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロスト・メモリーズ』
GyaO『ギャオ』でやってて面白そうで見ちゃいました

2001年の作品で・・・  11月25日までしかやってません

日韓共同作 


もし、韓国人安重根による伊藤博史暗殺が失敗に終わっていたら? 朝鮮半島は日本の領土となり、ソウルは日本第3の都市として発展しているとしたら? そんな大胆な着想で展開する、日韓合作の近未来SFアクションです。チャン・ドンゴンと仲村トオルが競演。本作がデビューのイ・シミョン監督は、韓国のアカデミー賞“大鐘賞”新人監督賞受賞。他にも仲村トオルが助演男優賞(外国人初受賞)など4部門受賞の快挙です。

               



1909年、中国ハルピン駅での伊藤博文暗殺は失敗に終わり、日本は米国との同盟を結び連合軍側として第二次大戦に勝利。日本の朝鮮半島統治が続いた。100年後の2009年、日本第3の都市ソウルでは、水面下で朝鮮独立を目指すテロ集団が活発化。日本特殊捜査局の朝鮮系日本人の坂本(チャン・ドンゴン)や西郷(仲村トオル)ら特殊要員がテロを鎮圧していたが、坂本はテロ捜査の過程で思いもよらぬ事実を掴む…。
                  






監督 / 脚本:イ・シミョン 撮影:パク・ヒョンチョル
音楽:イ・ドンジュン 
出演:チャン・ドンゴン、仲村トオル、ソ・ジノ 他







ここだけのレアなプレゼントに応募出来る!

『I Love 映画.com』映画や海外ドラマ好きが集まるサイト。

無料会員登録募集。いますぐ、クリック!↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UDI1X+5LTYUQ+OA6+BX3J7
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bbblog1986.blog31.fc2.com/tb.php/16-75ef84b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。